フォト
無料ブログはココログ

« 完成作品一覧! | トップページ | 宴の終わり »

2011年8月30日 (火)

大会報告

 EZOCUP2011チェンソーアートマスターズコンペティションが終わりました。

 国内トップクラスアーティスト10名の夢の競演。

 大会で用意した丸太トドマツ長さ3.65メートル太さ60センチ前後。

 この丸太を3日実質15時間ぐらいで作品を仕上げたのだから

 やっぱり私の目に狂いはなかったと思います。

 すばらしい作品の数々。

 これを単純に順位づけするのはどう考えてもおかしい。

 今回選ばれたトップアーティストの10名にはNominate Awardという賞を用意しました。

 EZOCUPに選ばれ招待された称号。

 木製のメダルです。

Dscf6694

 アーティストの皆様にはこれを誇りに思っていただきたい。

 また今回招待されなかっアーティストの皆様にもEZOCUPを目指してがんばってもらいたい。

 技術は無限大。

 チェンソーアートが無限の創造を可能にし、見るもの全ての人に夢と希望を与えます。

 結果は

Best Technique Award

林隆雄さん

作品名 北の仲間!

作品テーマ 北海道

Dscf6677

Best Design Award

杉山徹さん

作品名 食べる

作品テーマ どん欲

                         Dscf6691

Nature’s Story Award

西間健さん

作品名 静寂の中で

作品テーマ 森の営み

Dscf6664

Human’s Story Award

栗田広行さん

作品名 未来

作品テーマ 命Dscf6672

そしてEZOCUP Grand Prixは

西間健さん

作品名 静寂の中で

作品テーマ 森の営み

     Dscf6664_2

 みなさんおめでとうございます。

 私の意図がみなさんに理解されているかどうかはわかりませんが

 順位で誰かに勝っているかが名誉につながるんでしょうか?

 最高のステージで最高のパフォーマンスができ

 多くの観衆に賛美されてこそが名誉につながることじゃないかと思います。

 こんな声も聞きました。

 これらの作品が下川以外の場所に移るのはもったいない。

 全部下川にあるべきだ、と。

 EZOCUP2011に招待された国内トップアーティストの皆様、最高のパフォーマンス

 ありがとうございました。

 そしておめでとうございました。

 私は自分のためでなく誰かのためにカービング出来ることで幸せを感じたいと思います。

 チェンソーアートを通じてそれを多くの方に理解して欲しいとも思います。

 なんか話それちゃいましたね。

 それでは最後になりましたがEZOCUP2011終幕です。ありがとうございました。

 Ca3i0163

« 完成作品一覧! | トップページ | 宴の終わり »

コメント

西間さんの知人です。西間さんがグランプリを受賞したと聞き、嬉しく思っておりましたが、なんのなんの、素晴らしい作品の数々。この芸術は広く知れ渡って欲しい。こんなに素晴らしい表現が、チェーンソーというツールで、作者のイマジネーションで創作されるなんて・・・
西間さんのネイチャーな感覚は生活や仕事の中で培われたもの、動物のDNAを直に感じられる作品ですね。
北海道の方のシマフクロウ、ヒグマからはカムイを感じました。
またEZOCUP楽しみにします。

niidaさん
これからチェンソーアートをもっと世間に認知されるよういろいろ頑張ってみようと思います。
今日もこれからNHKの生番組に出てきます。
来年もEZOCUP楽しみにしててください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516316/41420794

この記事へのトラックバック一覧です: 大会報告:

« 完成作品一覧! | トップページ | 宴の終わり »